自分の肌を知ってエイジングケアにいい美容液を探そう

30代のスキンケア

コスメティック

年齢にあったお手入れを

どんな人でも30代に入ると加齢で肌がハリを失い、シワが出来やすくなります。シワを少しでも予防したいなら、美容液を使ってエイジングケアをすることが大切です。エイジングケアとは、年齢にあったスキンケアのことです。10代と30代では、肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸の量、新陳代謝のサイクルなとが全く違います。10代の頃ならコラーゲンもヒアルロン酸もたっぷりあるので、美容液を使わなくても美肌を維持できます。また、ニキビや肌荒れなどのトラブルが起きても、すぐに細胞の修復が行われて元に戻ります。しかし、30代になると違います。コラーゲンやヒアルロン酸が少なくなり、乾燥に弱くなります。また、代謝が乱れやすくなるので、シミ、ニキビ跡、くすみ、毛穴の開きなどのトラブルがいつまでも残ります。そうしたことから、30代になっなら、30代に相応しいエイジングケアをする必要があるのです。美容液は年齢を重ねた肌に必要な美容エキスで出来ています。美容液の美容エキスが肌に浸透すると、衰えた肌が元気になり、生き生きしてきます。乾燥に強くなり、肌の水分量がアップします。ほとんどの美容液は、化粧水をつけて肌を整えたあとに使うのが一般的です。美容液をつけたあとは、乳液やクリームで保湿をして、美容エキスが逃げないように蓋をします。さらにしっかりエイジングケアをしたいなら、必要に応じて目もとにアイクリームをつけるのがお勧めです。